everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

サッカー

ラ・リーガ20-21第9節 ヘタフェ対ビジャレアル【久保選手は86分から出場。試合結果はビジャレアルが3-1で勝利】

投稿日:2020年11月11日 更新日:

子供とボール

ラ・リーガは第9節、ビジャレアルはアウェーでヘタフェと対戦しました。
モレーノ選手、パレホ選手がチームに戻ってきて、ほぼベストメンバーとなったビジャレアル、強いです。試合、面白いです。

  • 試合結果:ヘタフェ 1-3 ビジャレアル
  • 試合のポイント:ビジャレアルの攻守でのポゼッションの使分け
  • MOM:パレホ選手

ビジャレアルが高いポゼッションから、多彩な攻撃で古豪ヘタフェを圧倒しました。
ビジャレアルはアウェーでしたが、今シーズン1番のできだったのではないでしょうか。

以下に、ゴールシーンを中心に試合を振り返ります。

    この記事の目次

  1. ラ・リーガ20-21第9節 ヘタフェ対ビジャレアル
  2. 選手層も厚くなり、ますます楽しみなビジャレアル
  3. 最後に



1.ラ・リーガ20-21第9節 ヘタフェ対ビジャレアル

この試合のビジャレアルは60%程度のポゼッション率。効果的にボールを支配し続けました。

先制点は11分。中盤左サイドからパレホ選手が相手DFラインの裏を取った右SBのマリオ・ガスパール選手にピンポイントとのロングフィード。マリオ・ガスパール選手がヘディングで中央に折り返すと走り込んできたパコ・アルカセル選手が胸でワントラップして、右足で流し込みました。これだけダイナミックな展開からのゴールは年間でも数回しか見られません。パレホ選手の正確なキックを信頼しているからこそ、右SBのマリオ・ガスパール選手があれほど思い切ってオーバーラップできるのだと思います。すばらしいゴールでした。

16分、ヘタフェが追いつきます。ゴールキックをラウル・アルビオル選手がヘディングで跳ね返しますが、それを拾ったアラン・バーリ選手が豪快なミドルシュートで同点とします。バーリ選手のまわりにはビジャレアルの選手が何人もいましたが、一瞬フリーにしてしまったところをドカンと決められてしまいました。ただ、このミドルシュートも圧巻の精度でした。

その1分後、このゴールがこの試合の流れを決めてしまいました。
左サイドでモイ・ゴメス選手からペドラザ選手に縦パスがでます。モイ・ゴメス選手はそのままPA内にフリーランニング。ペドラザ選手はPA内やや左よりのパコ・アルカセル選手に横パスを入れ、パコ・アルカセル選手はダイレクトでモイ・ゴメス選手に。モイ・ゴメス選手の折り返しを最後はマヌ・トリゲロス選手が合わせました。モイ・ゴメス選手のお手本のような3人目の動きから生まれたゴールでした。このゴールでビジャレアルは、その後、ボールをうまくポゼッションしながら、優位に試合を進めることができました。

ビジャレアルの3点目は62分。自陣センターサークル付近からパレホ選手がモレーノ選手にパスを送ると、そのボールがうまく抜けて、パコ・アルカセル選手に通ります。パコ・アルカセル選手はそのままPA付近まであがり、右から駆け上がってきたモレーノ選手に若干浮かせたオシャレなパス。それをモレーノ選手は右足ハーフボレーで豪快にゴールにたたき込みました。

久保選手は86分からモレーノ選手との交代で右WGに入ります。プレー時間も少なく、チームもボールをキープし逃げ切りを図る時間帯に入っていたため、攻撃で見せ場は作れませんでしたが、体を張ってボールをキープする場面もあり、献身的なプレーぶりでした。

2.選手層も厚くなり、ますます楽しみなビジャレアル

砂浜とボール

この試合、交代で入った選手は、バッカ選手、コクラン選手、久保選手、エストピニャン選手。ベンチにはチュクウェゼ選手。スタメンで出ていてもおかしくないメンバーが交代出場ででてくる今のチーム事情はとても選手層が厚いと言えます。

なかなか、1シーズンを通して好調な時期が長くは続かないのがサッカーですが、ケガ人さえ出ずに今のメンバーで戦い抜ければ、来シーズンのCL出場権、今シーズンのEL上位も見えてくるでしょう。

3.最後に

モレーノ選手、パレホ選手が戻り、攻撃の面ではこれからまだまだ破壊力を増していくでしょう。その攻撃陣に久保選手も加わり、チームとしても個人としてもまだまだ成長してほしいです。今シーズンのビジャレアル、まだまだこれから目が離せませんね。

がんばれ、久保選手

第7節のカディス戦での久保選手プレー内容



-サッカー
-

執筆者:


コメントをもらえるとうれしいです。

関連記事

漫画

【キャプテン翼からアオアシ】サッカー漫画の王道が変わる? 主人公がエースで10番の翼から、サイドバックのアシトに。

サッカー漫画の主人公と言えば、翼に代表されるようにエースで10番が王道。 しかし、時代は変わった?(笑) ついに、主人公にサイドバックをもってくる作品が現れた! その作品は小林有吾さん作、 アオアシ …

ワールドカップ

ワールドカップ初戦のジンクスを打ち破った2チーム。イタリア大会のアルゼンチン、アメリカ大会のイタリアチームを紹介。

子供のころの記憶は鮮明です。私は1990年イタリアワールドカップ以降の8大会を観戦してきました。この記事では、1990年イタリア大会のアルゼンチンと1994年アメリカ大会のイタリアチームについて書いて …

アンフィールド

リバプールの南野選手がFAコミュニティーシールドのアーセナル戦で流れるような連動からついに公式戦初ゴールを決めました。

2020年1月に現在の最強軍団であるリバプールに加入してから、なかなかゴールという結果がでなかった南野選手がFAコミュニティーシールドのアーセナル戦でついに移籍後公式戦初ゴールをあげました。 最強軍団 …

サッカーボール

1994年ワールドカップ準々決勝 ブラジル対オランダ。攻撃重視の両国がサッカーの醍醐味である3-2の打ち合いを披露。

ブログのテーマどうしよう?と迷ったので、大好きなサッカーネタを自分勝手に好き放題に書いてみます。私が初めてワールドカップをライブで見たのは13歳の時、1990年イタリア大会でした。それ以降8大会の中か …

サンシーロ

セリエA 20-21 第1節 ACミラン対ボローニャ・ユベントス対サンプドリア【冨安・吉田両選手出場も試合はともに敗戦】

セリエAが開幕しました。(ラ・リーガ開幕戦の記事はコチラ) 今シーズンのセリエAには、ボローニャ・冨安選手、サンプドリア・吉田選手の日本代表CBコンビが挑戦します。 開幕節から、ACミラン対ボローニャ …

プロフィール

五島風景
山本 幸一
長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら