everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

建築

【第5回 大好きな建築 隈研吾「角川武蔵野ミュージアム」】花崗岩を仕上材に使用した外観は建築というより彫刻アート。

投稿日:

角川武蔵野ミュージアム(1)

建築を仕事としている私が大好きな建築を紹介するシリーズの第5回です。今回は、隈研吾さんの「角川武蔵野ミュージアム」を紹介します。隈さんの建築と言えば、新国立競技場もそうですが、外観が軽快でシャープな印象があります。しかし、このミュージアムは外装材に花崗岩の仕上材を使用し、重厚で象徴性を重視した建築になっています。(第4回の記事はコチラ)

今回は、もう1つのオススメ建築である馬頭町広重美術館とともに紹介してみます。

    この記事の目次

  1. 第5回 大好きな建築 隈研吾「角川武蔵野ミュージアム」
  2. 私が感じたこの建築の特徴
  3. 私がオススメする隈さんの作品
  4. 最後に




1.第5回 大好きな建築 隈研吾「角川武蔵野ミュージアム」

角川武蔵野ミュージアム(2)

建築物の概要とアクセス方法は、下記です。

建築物概要
角川武蔵野ミュージアム
設計 隈研吾
竣工 2020年4月
建設地 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3
構造 RC造+S造 地上5階建て
延床面積 約12,000㎡
用途 文化複合施設(図書館・美術館・博物館)

アクセス
電車:JR武蔵野線「東所沢駅」から徒歩約10分
自動車:関越自動車道「所沢IC」から約8分

2.私が感じたこの建築の特徴

角川武蔵野ミュージアム(3)

隈さんの作品は、商業施設やオフィス、美術館などさまざま用途の建築がありますが、外観はどれも軽快でシャープな印象です。ただ、この角川武蔵野ミュージアムは石の仕上げを使用した重厚な外観。圧倒的な存在感で建っています。外観は球に近い多面体になっていて、季節や訪れる時間帯によって、建物の見え方も常に違うものになるでしょう。周辺環境との調和よりも象徴性を重視しているように感じます。

近づいてみると、なんと外装材に使っている花崗岩の仕上げ材の間には目地処理がされていない! ということは、この仕上げの内側に風雨を防ぐための層がもう一層あるということ。余計なお世話ですが、さすがにコストがかかっていますね(笑)。外観に関しては、大きな彫刻を見ているような、アートとしての側面も大きいな作品です。

残念ながら、今回はチケットを予約しておらず内部空間はエントランスホールしか見学できませんでした。外観だけを見るととても小さく、この建物が5階建てなんて想像はできません。この小さな空間を5階建てとして、どのように有効利用しているのかとても興味がありますが、話題の図書スペースを含めて、また次回の楽しみにとっておきます。

20万冊以上から選び放題!紙の本のサブスク「タダ本」

3.私がオススメする隈研吾さんの作品

隈さんの作品は、スターバックス太宰府店、歌舞伎座、ティファニー銀座店、淡路サービスエリア、馬頭町広重美術館、新風館、築地KYビルなどを実際に見てきました。今回はそのなかから、オススメとして馬頭町広重美術館を紹介します。

建築物概要
馬頭町広重美術館
設計 隈研吾
竣工 2000年3月
建設地 栃木県那須郡馬頭町馬頭116-9
構造 RC造+S造 地上1階 地下1階建て
延床面積 約1,962㎡
用途 美術館

アクセス
電車:JR宇都宮線「氏家駅」下車、路線バスで約60分「室町」下車。
自動車:常磐自動車道「那珂IC」から約50分

この建築の特徴
この作品は“木ルーバー”の一言につきますね。新国立競技場でも使われているあの木ルーバーです。私はこの建築で初めて化粧材として使う木ルーバーをみました。間口の広い平屋建てに出の長い木ルーバーの軒。

これなに?が第一印象です(笑)。

象徴的な建築という点で角川武蔵野ミュージアムと共通している作品です。ですが、この広重美術館に関しては、周辺環境との調和をしっかりと取ったうえで象徴性を出しています。内部空間にもこの木ルーバーを使用し、外壁をガラス張りにすることで、外部と内部につながりを持たせているように感じます。

隈さんの作品、この広重美術館も角川武蔵野ミュージアム、新国立競技場にしても、これからこの木や石の仕上材がどのような質感に変化していくのか、私としては、10年後、20年後にとても興味が湧いてくる建築です。

4.最後に

私が学生の頃なのでもう20数年前になりますが、隈さんが私の大学で講演会をされました。失礼な話ですが、その講演会で初めて隈さんを知りました。おそらく、“建築家”に触れた初めての経験だったと思います。

それからは雑誌や本で作品を見たり、実際に建物を見学に行ったりしており、一昨年には、京都の某ホテル改修工事で下請け業者として、仕事に携わる機会もありました。そういう意味で隈さんには少し思い入れもあったりします。

今回紹介した角川武蔵野ミュージアムや新国立競技場と、まだまだ精力的に新しい作品を作り続ける隈さんに刺激をもらいつつ、私も毎日の業務に励んでいきます。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!
お手持ちのスマホですぐ読める!書店で使えるポイントが貯まる

-建築
-

執筆者:


コメントをもらえるとうれしいです。

関連記事

職人

建設業における【監理技術者】は5年に1度の講習受講が必要。この記事では受講資格、有効期限及び費用等を紹介します。

今回の記事では、建設業における監理技術者を紹介します。監理技術者とは?資格要件は?資格の有効期限は?講習の受講費用は?などの疑問点を中心に解説していきます。また、更新手続きについては別の記事で紹介して …

木造住宅

建設業における【木造住宅施工管理】の仕事内容、給料、勤務時間などを紹介します。激務ですが大きな達成感が得られます。

前回の記事では、RC躯体・TV局内装工事の施工管理の仕事内容、給料及び勤務時間などについて紹介しました。 今回は、木造住宅の施工管理について、2年3カ月間に木造新築住宅24棟の引渡しと延べ150件の定 …

建設現場

【一級建築施工管理技士試験】3回受験した私が学科・実地試験の難易度、合格に必要な学習時間、費用を解説します。

先日、建築士試験の難易度について書きました。 今回は、一級建築施工管理技士試験バージョンです。 主に以下の2点について話します。 合格にはどれくらいの学習時間が必要か 合格にはどれくらいの費用が必要か …

メモ

建築士に対する定期講習受講義務。原則3年以内ごとに登録講習機関が行う定期講習の受講が義務付けられています。

今回の記事では、建築士の定期講習について紹介します。 定期講習の受講対象者、受講期間、受講費用は下記です。 受講対象者: 建築士事務所に所属する一級建築士、二級建築士および木造建築士 受講期間: 原則 …

ビル

【建設業と仕事観】19年間で構造設計・施工管理・内装設計の業務を経験してきた私が今思うことを書いてみました。

先日の記事で建設業19年生であると書きました。 建設業のなかでも、構造設計、内装設計、施工管理といろいろな職種を経験してきましたが、絶対にこれが一番だというものには未だに出会っていません。おそらくこれ …

プロフィール

五島風景
山本 幸一
長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら