everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

建築

【建設業における施工管理の仕事内容】高齢化と人手不足が問題となっている職種ですが、その業務内容を紹介します。

投稿日:2020年8月31日 更新日:

建設現場

建設業で働こうとお考えの方、おそらく求人の多くは施工管理職でしょう。
今、建設業の施工管理職は高齢化と人手不足が問題となっています。
RC躯体工事(6ヵ月)、TV局内装工事(6ヵ月)、木造住宅(2年3ヵ月)の施工管理をトータル3年3か月間経験した私が、下記の2点についてお話します。

  • 施工管理とはどんな仕事内容か
  • 月収、勤務時間はどれくらいか

今日は、RC躯体工事とTV局内装工事の内容でお話します。
木造住宅の施工管理は内容が少し異なるので、別の記事で紹介します。

    この記事の目次

  1. 建設業における施工管理の仕事内容
  2. 月収、勤務時間
  3. 最後に




1.建設業における施工管理の仕事内容

1日のスケジュール
8:00 ~ 8:30  朝礼
8:30 ~ 10:00  現場作業もしくは事務作業
10:00~10:15  休憩
10:15~11:00  現場作業もしくは事務作業
11:00~11:30  職長会
11:30~12:00  現場作業もしくは事務作業
12:00~13:00  休憩
13:00~17:00  現場作業もしくは事務作業
17:00~18:00  現場見回り、片付け
18:00~     事務作業

現場作業及び事務作業

「Q」Quality:品質→現場で作られているものが、設計図書と合致したものとなっているか。

  • 各業者作成の施工計画書の内容チェック。
  • 現場にて整合を確認し、検査表、写真記録を作成する。

「C」Cost:原価→施工費用が適切か。

  • 各業者からあがってくる見積書の内容を精査し、金額交渉を行う。

「D」Delivery:工程・工期→計画した工程通りに工事がすすんでいるか。

  • 毎日行う職長会の際に各業者より次の日の作業内容を確認し、調整を行う。

「S」Safety:安全→現場に危険な場所はないか。作業員が危険な行動をとっていないか。

  • 各業者が毎朝提出するKY用紙の内容チェック



2.月収、勤務時間

RC躯体工事  当時29歳 月給21万円(手取り) 勤務時間週70時間
TV局内装工事 当時40歳 月給35万円(手取り) 勤務時間週65時間

3.最後に

私の専門は構造設計です。施工管理を経験したことで現場でどのような順番で施工しているのかを把握でき、その後の図面作成、特に詳細図の作図には役立っています。だだし、やはり建設業の施工管理は激務です。各職種の作業工程の調整や材料手配等、ほとんどスムーズに進むことはありません。

ある程度の割り切りができるようになるまでにもかなり時間がかかると思います。施工管理を選ぶのであれば、はじめから覚悟をもって挑んでください。

-建築
-

執筆者:


コメントをもらえるとうれしいです。

関連記事

ビル

【構造設計の仕事内容】業務経験が10年の私が仕事内容、収入、労働時間及び将来性などを具体的に紹介します。

建設業には多種多様な職種があります。みなさんはそのなかでも「構造設計」という職種があるのをご存じでしょうか? 構造設計は、建物の構造体(柱・梁・壁・床等)が積載荷重、地震荷重、風荷重等に対して安全とな …

メモ

建築士に対する定期講習受講義務。原則3年以内ごとに登録講習機関が行う定期講習の受講が義務付けられています。

今回の記事では、建築士の定期講習について紹介します。 定期講習の受講対象者、受講期間、受講費用は下記です。 受講対象者: 建築士事務所に所属する一級建築士、二級建築士および木造建築士 受講期間: 原則 …

窓

住宅性能評価員。建築士が4日間の講習を受けて修了考査に合格し、登録住宅性能評価機関で選任を受けるとなることがきます。

先日は、省エネ適合性判定の講習会の記事を書きました。 今回の記事では、住宅性能評価員の講習会を紹介します。 私が講習会を受講したのは10年以上も前で当時は二級建築士でした。 その後、一級建築士を取得で …

建設現場

【建設業と転職について思うこと+ちょこっと収入の話】建設業歴19年になった私が転職の経験と収入の話をしてみます。

私は建設業界で働き始めてから19年目になりました。その間、5回の転職をし、6社に勤めてきました。職種も設計事務所、住宅メーカー、ゼネコン、サブコンとさまざまです。 私が、これまでの経験から今の建設業に …

角川武蔵野ミュージアム(1)

【第5回 大好きな建築 隈研吾「角川武蔵野ミュージアム」】花崗岩を仕上材に使用した外観は建築というより彫刻アート。

建築を仕事としている私が大好きな建築を紹介するシリーズの第5回です。今回は、隈研吾さんの「角川武蔵野ミュージアム」を紹介します。隈さんの建築と言えば、新国立競技場もそうですが、外観が軽快でシャープな印 …

プロフィール

五島風景
山本 幸一
長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら