everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

建築

建設業における【木造住宅施工管理】の仕事内容、給料、勤務時間などを紹介します。激務ですが大きな達成感が得られます。

投稿日:2020年9月7日 更新日:

木造住宅

前回の記事では、RC躯体・TV局内装工事の施工管理の仕事内容、給料及び勤務時間などについて紹介しました。

今回は、木造住宅の施工管理について、2年3カ月間に木造新築住宅24棟の引渡しと延べ150件の定期点検・メンテナンス業務を行った経験から、仕事内容とともに給料、勤務時間について、紹介してみたいと思います。

あくまで私の経験と主観での紹介となります。ご了承くださいね。

    この記事の目次

  1. 木造住宅施工管理の仕事内容
  2. 月給と勤務時間
  3. この職種の将来性
  4. 最後に




1.木造住宅施工管理の仕事内容

1.1 一日のスケジュール

9:00 ~ 9:30  事務作業
9:30 ~12:00   新築現場にて打合せ等又は定期点検・メンテナンス
12:00~13:00  休憩
13:00~18:00  新築現場にて打合せ又は定期点検・メンテナンス
18:00~21:00  事務作業

1.2 新築現場での打合せ等

  • 工事着手前→敷地調査、地鎮祭
  • 工事着手後→各業者と工程、材料手配、問題点等の確認
  • 施主への進捗説明、図面内容の現場確認、要望事項の聞き取り等
  • 住宅性能評価、長期優良住宅、中間・完了検査の立会い

1.3 定期点検、メンテナンス業務

  • 引渡し後、3カ月、1年、2年、5年、10年の定期点検
  • 上記、定期点検時の不具合箇所等の補修
  • メンテナンス問合せの対応

1.4 事務作業

  • 新築住宅の業者選定及び見積り手配、工程表作成
  • 新築住宅進捗報告書類の作成
  • 住宅性能評価、長期優良住宅、中間・完了検査提出書類の作成
  • 引渡し時のお施主提出書類の作成
  • 定期点検・メンテナンス報告書類の作成
  • 施主への進捗報告及び打合せ



2.月給と勤務時間

  • 木造住宅施工管理 当時38歳 月給27万円(手取り)、勤務時間週70時間
  • あくまで私がこの仕事に従事していた2年3カ月間の場合です。1社のみの経験で比較対象がありませんが、ご了承くださいね。おそらくですが、木造住宅の施工管理であれば完全固定給ではなく、月々一定数以上を引渡すと1棟につきいくらかプラスされる歩合になっているケースが多いのではないでしょうか。

    3.この職種の将来性

    RC躯体工事、内装工事と同様に木造住宅の施工管理もやはり激務です。各職種の作業工程の調整や材料手配等、ほとんどスムーズに進むことはありません。また、夕方に、社に戻ってからの事務処理もあり、長時間労働となってしまうことも多いと思います。

    住宅業界に就職、転職を考えている方、覚悟をもって挑んでください。

    ただし、1棟が概ね2カ月半~3カ月で竣工していき、比較的気分の入れ替えはしやすいです。また、住宅1棟が完成した時の達成感はとても大きいものがありますし、建物をつくる一連の工程が経験できるので、規模が大きい建物への応用もきくと思います。

    お施主からの感謝もダイレクトに伝わってくるので、やりがいも感じられる仕事です。

    4.最後に

    今回の記事では大まかではありますが、木造住宅施工管理の仕事内容、給料、勤務時間などを紹介しました。私の経験を踏まえた感想としては、「木造住宅の施工管理は、激務だけど大きな達成感が得られる仕事」となります。

    若い時期にこの仕事を経験しておくと、中堅、ベテランになってから、仕事において人を動かしたり、段取りをしたり際にその経験が生きてくるのではないでしょうか。

    -建築
    -

    執筆者:


    コメントをもらえるとうれしいです。

    関連記事

    トンネル

    建設業界の【談合】は本当に必要悪なのか?その是非を問う池井戸潤原作ヒューマンドラマ【鉄の骨】を紹介

    これまでも建設業について私が感じていることをいくつか記事に書いてきました。今回は談合です。昔から建設業での談合は、よくニュースになっていますよね。最近では、大手ゼネコン4社によるリニア中央新幹線の駅工 …

    スモッグ

    省エネ適合性判定講習を受講しました。法律に基づき建物が各種の省エネ基準に適合しているかを確認するのが仕事です。

    これまでの記事で、建築士定期講習、管理建築士講習、監理技術者講習等を紹介してきました。今回は、省エネ適合性判定の講習会を受講してきたので内容を詳しく解説していきます。とはいっても、省エネ適合性判定って …

    建設イラスト

    建設業における監理技術者資格者証の更新はいつからできる? この記事では更新に必要な書類及び費用等を紹介します。

    10/28の記事で建設業における「監理技術者」について書きました。 なんとその5日後に「監理技術者資格者証」交付申請書類が届きました。(笑) とてもタイムリーなので、同封書類、申請方法及び提出書類等を …

    メモ

    建築士に対する定期講習受講義務。原則3年以内ごとに登録講習機関が行う定期講習の受講が義務付けられています。

    今回の記事では、建築士の定期講習について紹介します。 定期講習の受講対象者、受講期間、受講費用は下記です。 受講対象者: 建築士事務所に所属する一級建築士、二級建築士および木造建築士 受講期間: 原則 …

    角川武蔵野ミュージアム(1)

    【第5回 大好きな建築 隈研吾「角川武蔵野ミュージアム」】花崗岩を仕上材に使用した外観は建築というより彫刻アート。

    建築を仕事としている私が大好きな建築を紹介するシリーズの第5回です。今回は、隈研吾さんの「角川武蔵野ミュージアム」を紹介します。隈さんの建築と言えば、新国立競技場もそうですが、外観が軽快でシャープな印 …

    プロフィール

    五島風景
    山本 幸一
    長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

    詳しいプロフィールはこちら