everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

サッカー

第100回天皇杯決勝 川崎フロンターレ対ガンバ大阪 【ポゼッションで圧倒したフロンターレが1-0で天皇杯初制覇】

投稿日:

ゴールポスト

第100回を迎えた天皇杯決勝。リーグ戦1位の川崎フロンターレと2位のガンバ大阪の対戦となりました。高いポゼッション力を活かして攻撃を仕掛けてくるフロンターレに対して、ガンバが5バックで耐える時間が長くなる試合でした。試合結果、ポイント、私が選ぶマンオブザマッチ(MOM)は下記です。

  • 試合結果:川崎フロンターレ 1-0 ガンバ大阪
  • 試合のポイント:フロンターレのポゼッション力
  • 私が選ぶMOM:田中碧選手(フロンターレ)

やはり、今シーズンのフロンターレは強かった。この試合もそう感じさせる内容になりました。試合内容を詳しく解説していきます。

    この記事の目次

  1. 第100回天皇杯決勝 川崎フロンターレ対ガンバ大阪
  2. フロンターレがポゼッションでガンバを圧倒
  3. 最後に

激安サッカーショップ ユニオンスポーツ

1.第100回天皇杯決勝 川崎フロンターレ対ガンバ大阪

第100回を迎えた天皇杯決勝。NHKの冒頭の映像でもありましたが、日本サッカー界では1番「伝統と威厳」のある大会であるのは誰もが認めるところでしょう。対戦は今季Jリーグを制した川崎フロンターレと2位のガンバ大阪となりました。

そして、今回は長い間、Jリーグを、そして、日本サッカーを支えてきてくれた中村憲剛の現役ラストマッチです。

フロンターレは4-3-3、ガンバが3-5-2のシステムで、キックオフしました。

2.フロンターレがポゼッションでガンバを圧倒

サッカーボール

開始早々の2分。フロンターレ・盛田選手のスルーパスから、田中選手のシュート。さらに3分には右サイドでボールを持った盛田選手から中央の大島選手につないで、最後は左SBの旗手選手が中央につめてシュート。15分には中央から田中選手からのパスを大島選手がフリックし、最後はダミアン選手がシュート。16分にはゴール前でのガンバの横パスを奪って、大島選手が三苫選手へつなぎ、そのままシュート。26分には右サイドで田中選手からのスルーバスを受けた盛田選手がクロスを入れ、中央で家長選手がヘディングシュート。30分には右SBの山根選手のグラウンダーのクロスをダミアン選手がシュート。43分には三苫選手が中央で個人技からシュート。

シュート11本、CK2本。前半はフロンターレがポゼッションでガンバを圧倒し、終始ペースを握りました。

試合が動いたのは後半10分。中央のダミアン選手から左サイドから中央へ斜めに走ってきた三苫選手に絶妙な縦パスがでます。三苫選手はボールを受け、そのままツータッチで右サイドにボールを持ち出し、ゴール左隅に流し込みました。

フロンターレは後半15分過ぎから、家長選手を中心にゆったりとボールを回し、キープを始めます。

一方のガンバは、後半19分にシステムを4-4-2に変更。29分にはFW渡邊選手と攻撃的な左SBの福田選手を投入します。この選手交代で、倉田選手がポジションを左サイドハーフから、ボランチに変えたことで試合の流れがガンバにきます。ボールを中盤で回せるようになり、ガンバがフロンターレを押し込むシーンが増えてきます。37分には左サイドで倉田選手から福田選手につなぎ、クロス。パトリック選手のヘディングシュートにつなげます。40分には宇佐美選手、45分には福田選手の惜しいシュートシーンがありましたが、結局フロンターレが守り切り、天皇杯を制覇しました。

やはり、今シーズンのフロンターレの強さは、頭一つ抜けていました。この試合もそう感じさせてくれる圧巻の内容でした。

3.最後に

中村憲剛選手に出場機会はありませんでした。残念です。ただ、試合中も大声でチームメイトに指示をだしている姿が映し出されていて、憲剛選手らしいなと思いました。日本代表の試合で控えにまわっても、同じようにチームメイトをよく鼓舞していました。

在籍18年、フロンターレの歴史がそのまま、憲剛選手の歴史になる、それくらいの功績があるのではないでしょうか。本当にお疲れ様でした。多くの苦労をしてきた憲剛選手は、きっといい指導者になるでしょうね。



-サッカー
-

執筆者:


コメントをもらえるとうれしいです。

関連記事

サッカー

ラ・リーガ20-21第2節 ビジャレアル対エイバル【第1節に続いて日本人対決。試合結果は2-1でビジャレアル勝利】

リーガエスパニョーラは第1節に続き、第2節もビジャレアル対エイバルの日本人対決。 今節からエイバルにはニューキャッスルからレンタル移籍で武藤選手が加入しました。 武藤選手の今後の活躍、逆襲にも期待大で …

ビジャレアル

【リーガエスパニョーラ開幕】注目はビジャレアルの久保建英選手とウエスカの岡崎慎司選手。開幕戦はいきなりの日本人対決。

これまでサッカーについては、1994年・1998年のワールドカップの記事などを書いてきましたが、今週末、いよいよリーガエスパニョーラが開幕します。今シーズンの私の注目はやはりこの2点 久保建英選手、岡 …

漫画

【キャプテン翼からアオアシ】サッカー漫画の王道が変わる? 主人公がエースで10番の翼から、サイドバックのアシトに。

サッカー漫画の主人公と言えば、翼に代表されるようにエースで10番が王道。 しかし、時代は変わった?(笑) ついに、主人公にサイドバックをもってくる作品が現れた! その作品は小林有吾さん作、 アオアシ …

サッカー

【サッカー日本代表、大好きなゴールベスト11】代表戦観戦歴30年以上の私でも、このベストゴール11は今でも興奮します。

今回の記事を書くにあたって、YouTubeでゴールの動画を検索し、再確認してみました。 やっぱり、どのゴールもあらためて大好きです。 代表の試合を初めてみたのは、1991年のキリンカップだったと思いま …

サッカーボール

1994年ワールドカップ準々決勝 ブラジル対オランダ。攻撃重視の両国がサッカーの醍醐味である3-2の打ち合いを披露。

ブログのテーマどうしよう?と迷ったので、大好きなサッカーネタを自分勝手に好き放題に書いてみます。私が初めてワールドカップをライブで見たのは13歳の時、1990年イタリア大会でした。それ以降8大会の中か …

プロフィール

五島風景
山本 幸一
長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら