everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

サッカー

【サッカー日本代表、大好きなゴールベスト11】代表戦観戦歴30年以上の私でも、このベストゴール11は今でも興奮します。

投稿日:2020年9月8日 更新日:

サッカー

今回の記事を書くにあたって、YouTubeでゴールの動画を検索し、再確認してみました。
やっぱり、どのゴールもあらためて大好きです。

代表の試合を初めてみたのは、1991年のキリンカップだったと思います。
赤いユニフォームでカズ選手や北澤選手が活躍していました。

もう代表戦の観戦歴が30年以上になりましたが、今回のベスト11は、43歳になった今見てもわくわくするし、興奮します。

サッカーがおもしろいのは、必ずしも技術の高いゴールだけが記憶に残るわけではなく、試合を左右した泥臭いゴールも印象に残るところですね。

それでは、独断と偏見にみちたベスト11です。
このランキングをみて、動画でゴールシーンを再確認してみて下さいね。

    この記事の目次

  1. サッカー日本代表、大好きなゴールベスト11
  2. 最後に



1.サッカー日本代表、大好きなゴールベスト11

第1位   1994年W杯最終予選韓国戦 カズ選手決勝ゴール
第2位   1998年W杯最終予選韓国戦 山口選手ループ
第3位   1994年アジア大会韓国戦 井原選手スーパーロング
第4位   1992年アジア杯決勝サウジ戦 高木選手胸トラップボレー
第5位   2000年シドニー五輪南ア戦 高原選手ダイアゴナルラン
第6位   2003年コンフェデ杯フランス戦 俊輔選手スーパーフリーキック
第7位   2001年親善試合イタリア戦 柳沢選手アウトサイドボレー
第8位   2000年アジア杯イラク戦 名波選手ダイレクトボレー
第9位   2018年ロシアW杯ベルギー戦 乾選手スーパーミドル
第10位  2004年親善試合チェコ戦 久保選手規格外の左足
第11位  1992年アジア杯イラン戦 カズ選手「足に魂込めました」

歳のせいか、最近のゴールが乾選手のスーパーミドルしか入っていませんね。(笑)
ランキングに親善試合でなく、大会のゴールが多いのは、真剣勝負に興奮するからです。

第1位はやっぱりカズさんの魂のゴール。
ワールドカップ出場をかけた日韓戦は、アジアサッカーの中でも最上位のレベルですよね。
左サイドでラモスさんから吉田さん。吉田さんのクロスに長谷川健太さんが合わせて、最後はカズさんの前にボールが転がってきました。
正直、シュートはジャストミートしていませんが、逆にそれがいい!
勝利への執念を感じるゴールでした。

2.最後に

文字の羅列で全く伝わらないと思いますので、どうか動画でゴールシーンをみてください。至福の時間になると思いますよ。

次回は、パス編?セットプレー編?カバーリング編?ファインセーブ編?
こりゃ、なんでもいけるな。(笑)(リバプール南野選手の公式戦はゴールの記事はコチラ)



-サッカー
-

執筆者:


コメントをもらえるとうれしいです。

関連記事

サッカー

ラ・リーガ20-21 第3~5節 ビジャレアル久保建英選手出場試合【いずれも途中出場で不十分なプレー時間】

ラ・リーガは第5節を迎えました。 岡崎選手、乾選手、武藤選手は先発出場。 武藤選手は2戦連続の先発で、監督からの信頼が感じられます。 はやめにゴール・アシストの数字での結果で信頼を勝ち取ってほしいと思 …

サッカー

ラ・リーガ20-21第2節 ビジャレアル対エイバル【第1節に続いて日本人対決。試合結果は2-1でビジャレアル勝利】

リーガエスパニョーラは第1節に続き、第2節もビジャレアル対エイバルの日本人対決。 今節からエイバルにはニューキャッスルからレンタル移籍で武藤選手が加入しました。 武藤選手の今後の活躍、逆襲にも期待大で …

ゴールポスト

第100回天皇杯決勝 川崎フロンターレ対ガンバ大阪 【ポゼッションで圧倒したフロンターレが1-0で天皇杯初制覇】

第100回を迎えた天皇杯決勝。リーグ戦1位の川崎フロンターレと2位のガンバ大阪の対戦となりました。高いポゼッション力を活かして攻撃を仕掛けてくるフロンターレに対して、ガンバが5バックで耐える時間が長く …

ボール

ベルギーリーグ20-21第12節 シント=トロイデン対ゲンク 【ダービーは日本人対決。試合結果は2-1でゲンク勝利】

サッカーでは、同じホームタウンを持つチーム同士の対戦をダービーマッチと呼びます。 ベルギーリーグ第12節は、ともにリンブルフ州をホームタウンに持つシント=トロイデン対ゲンクのダービーマッチとなりました …

ビーチサッカー

ルヴァンカップ決勝 柏レイソル対FC東京【両チームとも攻守の切替えが速く決定機の多い展開。結果は2-1でFC東京が優勝】

ルヴァンカップ決勝が元日の天皇杯決勝に続いて、新国立競技場で行われました。今シーズン、カウンター攻撃を得意としてきた柏レイソルとFC東京の対戦となりました。両チームともに決定機の多いスリリングな試合展 …

プロフィール

五島風景
山本 幸一
長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら