everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

サッカー

ルヴァンカップ決勝 柏レイソル対FC東京【両チームとも攻守の切替えが速く決定機の多い展開。結果は2-1でFC東京が優勝】

投稿日:2021年1月4日 更新日:

ビーチサッカー

ルヴァンカップ決勝が元日の天皇杯決勝に続いて、新国立競技場で行われました。今シーズン、カウンター攻撃を得意としてきた柏レイソルとFC東京の対戦となりました。両チームともに決定機の多いスリリングな試合展開になり、観戦する側にはとても面白い試合でした。試合結果、ポイント、私が選ぶMOMは下記です。

  • 試合結果:柏レイソル 1-2 FC東京
  • 試合のポイント:両チームともにコンパクトで攻守の切替えが速く、スピーディーな試合展開。最後は助っ人外国人の個人技の差でFC東京が勝利
  • 私が選ぶMOM:レアンドロ選手(FC東京)

それでは、試合内容を詳しく解説していきます。

    この記事の目次

  1. ルヴァンカップ決勝 柏レイソル対FC東京
  2. 両チームともに攻守の切替えが速く、決定機の多い試合に
  3. 最後に



1.ルヴァンカップ決勝 柏レイソル対FC東京

今シーズンの公式戦最終戦、ルヴァンカップ決勝。元日に行われた天皇杯もすばらしい内容の試合でしたが、ルヴァンカップ決勝はそれを上回る内容で目が離せない展開になりました。

前線と最終ラインの距離を短く保ってコンパクトにし、奪ったボールをすばやくサイドに運んで、そこから速く攻めるのが持ち味の両チーム。特徴が似かよっているためか、非常にかみ合った試合になりました。

柏レイソルは4-2-3-1、FC東京は森重選手をアンカーに起用した4-3-3で試合はスタート。攻守の切替えが速く、両チームの持ち味であるサイドからのチャンスも非常に多くありました。勝負の分けたのは、ほんのわずかな助っ人外国人の個人技の差でした。

2. 両チームともに攻守の切替えが速く、決定機の多い試合に

ストリートサッカー

最初のチャンスは前半6分のレイソル。左からのシンプルなクロスにオルンガ選手が頭で合わせました。ボールは枠を外れましたが、身体能力の高さが垣間見えるシーンでした。

試合は前半16分に早くも動きます。自陣の左サイドから駆け上がってきたFC東京のレアンドロ選手がPA内で2人をかわして中央にカットインし、そのままゴール右隅にインサイドで流し込みます。スピード、フィジカル、テクニックを持ち合わせたすばらしい個人技でした。

一方の柏レイソルは前半20分。クリスティアーノ選手の右CKからオルンガ選手のヘディング。前半29分にはFKからDFのクリアボールを瀬川選手がボレーシュート。セットプレーからチャンスを作ります。前半40分には中央からのフィードをPA内でオルンガ選手が納め、落としたボールを江坂選手がダイレクトでシュート。いずれもゴールにはなりませんでしたが、決定機と言えるチャンスでした。

そのまま、FC東京のリードで終わるかと思われた前半45分。幾度となくチャンスを作っていたセットプレーから柏レイソルが同点に追いつきます。クリスティアーノ選手の左CKから、オルンガ選手が競ったボールがバーにあたり、こぼれ球を瀬川選手が押し込みました。

後半も選手交代なくスタートします。後半14分には、クリスティアーノ選手の左CKから、川口選手がダイレクトボレー。後半21分には、レアンドロ選手の直接FK。どちらもポストを直撃する惜しいシュートでした。この試合の両チームのセットプレーの質はすばらしかったです。

この試合の決勝点が生まれたのは後半29分。FC東京左サイドからのロングフィードを柏DFがクリアしますが小さくなります。そのボールをFC東京の永井選手がPA内に頭で入れると、中央に走り込んできた交代出場のアダイウトン選手が右足で押し込みました。

このシュートは技術的にも非常に難易度が高いシュートで、アダイウトン選手でなければ決められなかったかもしれません。

その後もレイソルは、ヒシャルジソン選手やクリスティアーノ選手、呉屋選手などにチャンスがありましたが決められず、FC東京が11年ぶりにルヴァンカップを制しました。

3.最後に

観る側には両チームにチャンスが多くあり、ゴールも3つ生まれるすばらしい試合でした。このブログでは海外サッカーの結果ばかりを記事にしてきましたが、天皇杯、ルヴァンカップの決勝の質は、ラ・リーガやセリエAの試合にも全く引けを取らない内容でした。

コロナがおさまったら、スタジアムに行ってJリーグを観戦したいなと思います。



-サッカー
-

執筆者:


コメントをもらえるとうれしいです。

関連記事

子供とボール

【いぶし銀サッカー選手 第2回 KRCゲンク 伊東純也選手】スピードあるドリブルと正確な右足のクロスが魅力の選手です。

中学3年から高校3年間はサッカー部所属。ここ25年は毎年100~150試合、計3,000試合以上をテレビ観戦してきた私がいぶし銀なサッカー選手を紹介するシリーズです。 第1回は、ビジャレアル・パレホ選 …

サッカーボール

1994年ワールドカップ準々決勝 ブラジル対オランダ。攻撃重視の両国がサッカーの醍醐味である3-2の打ち合いを披露。

ブログのテーマどうしよう?と迷ったので、大好きなサッカーネタを自分勝手に好き放題に書いてみます。私が初めてワールドカップをライブで見たのは13歳の時、1990年イタリア大会でした。それ以降8大会の中か …

犬とボール

セリエA 20-21第18節 ボローニャ対ヴェローナ【1-0でボローニャ勝利。冨安選手は18試合連続フル出場】

セリエA 20-21第18節は、ボローニャがホームにヴェローナを迎えました。ここ8試合勝ちから遠ざかっているボローニャで、日本代表冨安選手は4バックの左CBとして今季18試合連続となるスタメン出場を果 …

サッカーボール

ラ・リーガ20-21第6節 ビジャレアル対バレンシア【久保選手は63分から出場。試合結果は2-1でビジャレアル勝利】

ラ・リーガは第6節、ビジャレアルはホームにバレンシアを迎えました。 試合はいぶし銀パレホ選手が決勝ミドルを決め、2-1でビジャレアルが勝利。 久保建英選手は63分から出場し、ビジャレアルでは最長となる …

バレンシア

【いぶし銀サッカー選手 第1回 ビジャレアル パレホ選手】テクニックを使った中盤でのボールキープが特徴の選手です。

今シーズンは、ビジャレアルに久保選手、エイバルに乾選手と武藤選手、ウエスカに岡崎選手とリーガエスパニョーラに4人もの日本人選手が挑戦しています。 4人の挑戦により、リーガを観る機会も増えそうですね。 …

プロフィール

五島風景
山本 幸一
長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら