everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

サッカー

【キャプテン翼からアオアシ】サッカー漫画の王道が変わる? 主人公がエースで10番の翼から、サイドバックのアシトに。

投稿日:2020年8月14日 更新日:

漫画

サッカー漫画の主人公と言えば、翼に代表されるようにエースで10番が王道。
しかし、時代は変わった?(笑)
ついに、主人公にサイドバックをもってくる作品が現れた!
その作品は小林有吾さん作、

アオアシ

今日は、高校時代はサッカー部に所属し、サッカー漫画歴35年の私が、【キャプテン翼】【アオアシ】を紹介してみます。

    この記事の目次

  1. キャプテン翼からアオアシ
  2. 最後に



1.キャプテン翼からアオアシ

サッカー漫画を始めて読んだのは小学2年生の時。もちろん【キャプテン翼】です。
キャプテン翼は、1981~1988年まで週刊少年ジャンプで連載されていました。
今や世界中で読まれているサッカー漫画の王道で、メッシやクリロナも絶賛しています。

南葛小に転校してきた翼が全国大会やワールドユースを戦っていくなかで、仲間やライバルとの友情や絆を深め、人として成長していく姿を描いた作品。
この作品のヒットがあったおかけで、今のJリーグがある?
といっても過言ではないかもしれません。

その後の35年で、キッカーズ、イレブン、シュート、Jドリーム、ビバカルチョ、ジャイアントキリング、デイズと8作品ほど読んできました。
ジャイキリとデイズはちょっと作風が違うと思いますが、サッカー漫画の主人公と言えば翼に代表されるように、やっぱりエースか10番が大多数。

そんな中、最近読み始めたのが、【アオアシ】。主人公はなんとサイドバック!
愛媛の中学校でFWをしていた主人公のアオイアシトが、東京のJクラブである東京シティ・エスペリオンのユースセレクションを受け、合格。
その後のユースでの監督、コーチ、チームメイトとの日々を描いたストーリー。

作品前半では、主人公アシトは王道どおりFW。結果も出し、そのまま王道漫画の道を歩んでいくのかと思いきや、監督からまさかのサイドバック転向通告!

この作品の面白さは、【視点】。主人公アシトの視点、監督のオッチャンの視点、ジュニアユースからの昇格組の視点、セレクション合格組からの視点、先輩たちの視点、絶対的エースの視点、相手チームの視点などなど、いろいろな角度からそれぞれの立場でのサッカーを描いていて、読んでいてとても勉強になります。

2.最後に

アドバイスの伝え方、伝えるタイミング、答えへの導き方、自分たちで考えることの重要性、そして努力することの大切さ。
どれも会社や仕事、社会でよりよい生活を送っていくために必要となってくる要素です。
アオアシはそれをJクラブユースという環境を通して、うまく表現していると思います。

現在、単行本は21巻まで発行。(16巻の記事も書いています。)
これからどんな展開が待っているのか、アシトFW復帰?的なサプライズがまたあるのか、これからもまだまだ楽しめそうです。



-サッカー
-

執筆者:


コメントをもらえるとうれしいです。

関連記事

サッカーボール

ラ・リーガ20-21第6節 ビジャレアル対バレンシア【久保選手は63分から出場。試合結果は2-1でビジャレアル勝利】

ラ・リーガは第6節、ビジャレアルはホームにバレンシアを迎えました。 試合はいぶし銀パレホ選手が決勝ミドルを決め、2-1でビジャレアルが勝利。 久保建英選手は63分から出場し、ビジャレアルでは最長となる …

オランダ国旗

1998年ワールドカップ準決勝 ブラジル対オランダ。前回大会準々決勝と同カード、オランダのリベンジははたして?

ブログテーマどうしよう?と迷ったので、てんどんでいきます。 今日も大好きなサッカーネタを自分勝手に、好き放題に書いてみます。 今日は私の2番目にお気に入りのカードを紹介します。 1998年フランス大会 …

ワールドカップ

ワールドカップ初戦のジンクスを打ち破った2チーム。イタリア大会のアルゼンチン、アメリカ大会のイタリアチームを紹介。

子供のころの記憶は鮮明です。私は1990年イタリアワールドカップ以降の8大会を観戦してきました。この記事では、1990年イタリア大会のアルゼンチンと1994年アメリカ大会のイタリアチームについて書いて …

アンフィールド

リバプールの南野選手がプレシーズンマッチで1G1A。まだまだ本調子ではないチームで気を吐き、4得点に絡む活躍。

先日のFAコミュニティーシールドのアーセナル戦で公式戦初ゴールをあげたリバプールの南野選手が3部ブラックプールとのプレシーズンマッチに先発フル出場。 試合は7-3でリバプールが勝利。南野選手は1G1A …

バレンシア

【いぶし銀サッカー選手 第1回 ビジャレアル パレホ選手】テクニックを使った中盤でのボールキープが特徴の選手です。

今シーズンは、ビジャレアルに久保選手、エイバルに乾選手と武藤選手、ウエスカに岡崎選手とリーガエスパニョーラに4人もの日本人選手が挑戦しています。 4人の挑戦により、リーガを観る機会も増えそうですね。 …

プロフィール

五島風景
山本 幸一
長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら