everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

サッカー

リバプールの南野選手がFAコミュニティーシールドのアーセナル戦で流れるような連動からついに公式戦初ゴールを決めました。

投稿日:2020年8月30日 更新日:

アンフィールド

2020年1月に現在の最強軍団であるリバプールに加入してから、なかなかゴールという結果がでなかった南野選手がFAコミュニティーシールドのアーセナル戦でついに移籍後公式戦初ゴールをあげました。

最強軍団リバプールで、南野選手が今季のどのような活躍を見せてくれるのか楽しみです。以下にアーセナル戦の内容と今季のリバプールの展望について解説してみたいと思います。

    この記事の目次

  1. リバプール南野選手初ゴール
  2. 今年のリバプールも強い
  3. 最強軍団で活躍する南野選手がみたい



1.リバプール南野選手初ゴール

クロップ監督は、58分にネコ・ウィリアムズ選手との交代で2列目の左に南野選手を投入すると、ワントップにサラー選手、トップ下にフィルミーノ選手、右にマネ選手の布陣に変更します。昨季の基本フォーメーションは4-3-3。トップは左にマネ選手、中央にフィルミーノ選手、右にサラー選手の布陣でした。4-2-3-1を試したのは、南野選手をどのポジションで活かすかを模索している証拠です。

67分、中央で裏に抜け出す動きをした南野選手にサラー選手がボールを入れます。パスは通らなかったですが、お互いの意図がはっきりとわかるプレーでした。

69分、DFのファンダイク選手からロングフィードが左サイドの南野選手へ。南野選手はボールの軌道を確認するとすぐに相手DFのセドリック選手に体をあてにいき、ファールをもらいます。すごいプレー。先に相手に体をあててからのボールキープは、体格に勝る欧米選手はよく使いますが、フィジカルに劣る南野選手が、しかもロングフィードに対して自然とそのプレーができているのは、欧州の舞台でもまれ成長し続けてきた証拠です。

72分、初ゴールもみごとな連携でした。右サイドでマネ選手がボールを持つとサラー選手へ縦パス。マネ選手はそのまま縦に走り、中央の相手DFを右サイドにひきつけます。サラー選手は一瞬空いた中央のスペースにドリブルし、フィルミーノ選手へショートパス。フィルミーノ選手、南野選手、サラー選手とダイレクトでつなぎ、最後は相手DFにあたったボールが南野選手の前にこぼれてきました。流れるように連動したすばらしい初ゴールでした。

フィルミーノ選手と南野選手はお互いポジション取りがうまい。フィルミーノ選手が右、南野選手が中央という時間帯もつくっていたし、お互いがどちらかのサイドに流れた時もうまくスペースをうめあい、距離を保っていました。サラー選手とマネ選手はポジショニングを気にするタイプではないので、バランスをとることができるフィルミーノ選手と南野選手をクロップ監督は重宝するはずです。

2.今年のリバプールも強い

この試合でとくによかったのは、ワイナルダム選手とナビ・ケイタ選手のダブルボランチ。片方がパスコースをきったり、相手にチャレンジした際のもう片方のポジショニングが抜群で、2人で奪ってすぐに前線の選手にボールをあて、そこから何度もチャンスを作っていました。

73分のプレーでは、ナビ・ケイタ選手が自陣ゴール前でボールをひっかけ、こぼれたボールをワイナルダム選手が奪取。マネ選手に預けるとサラー選手、フィルミーノ選手、南野選手、ロバートソン選手とつなぎ、最後はクロスにフィルミーノ選手とマネ選手がつめていました。得点になってもおかしくないシーンでした。

現時点でのクロップ監督のファーストチョイスは、昨季と同様にファビーニョ選手のワンボランチでしょうが、ナビ・ケイタ選手がチームにフィットしてきた今、このダブルボランチも十分におもしろいです。

3.最強軍団で活躍する南野選手がみたい

おそらく、最強3トップの牙城は今年も崩れないでしょう。南野選手は控えの一番手をミルナー選手、カーティス・ジョーンズ選手、若手のブリュースター選手と争うことになります。移籍でさらにいい選手が入ってくる可能性も十分にありますが、ぜひ、活躍してほしいです。

今日のできならば、試合数の多いリバプールでの出場チャンスは去年よりも必ず多くなってくるはずですし、十分に活躍できるでしょう。今季はブンデスやリーガに比べると日本人選手が少ないプレミアですが、アンフィールドで優勝に貢献する南野選手をぜひみたいです。

初回31日間無料!dTVチャンネル

-サッカー
-

執筆者:


コメントをもらえるとうれしいです。

関連記事

エルクラシコ

ラ・リーガ20-21第7節はエル・クラシコ(伝統の一戦)バルセロナ対レアル・マドリード。試合結果を解説します。

ラ・リーガは第7節、カンプノウでのエル・クラシコでした。エル・クラシコとは「伝統の一戦」の意で、ラ・リーガでは、バルセロナ対レアル・マドリード戦の一戦を指しています。 試合結果と勝敗を分けたポイント …

ロンドン1

プレミアリーグ20-21第15節 アーセナル対チェルシー 【ロンドンダービーの試合結果は 3-1でアーセナル勝利】

プレミアリーグ第15節は、アーセナル対チェルシーのビッグロンドンダービーとなりました。今シーズンは低迷している両チームですが、ダービーマッチでの奮起に期待です。試合結果、ポイント及び私が選ぶMOMは下 …

サッカースタジアム

ワールドカップで優勝するにはサイドバックの活躍が欠かせない。イタリア大会以降の優勝国とサイドバックの関係性を解説します。

1990年イタリア大会から8大会を観戦し、中3~高3の部活と大学サークルでサッカーをやってきた私が、今日は優勝国とサイドバックについて語ります。 以前、サッカー漫画のアオアシを紹介しましたが、主人公の …

はだし

ラ・リーガ20-21第7節 カディス対ビジャレアル 久保建英選手の【プレー解説】と【ヨーロッパリーグの展望】

ラ・リーガ第7節、ビジャレアルはアウェーで昇格組のカディスと対戦しました。 ヨーロッパリーグ初戦のスィヴァススポル(トルコ)戦で先発フル出場し、1G2Aの活躍をみせた久保建英選手はこの試合で今季リーグ …

サッカー

【サッカー日本代表、大好きなゴールベスト11】代表戦観戦歴30年以上の私でも、このベストゴール11は今でも興奮します。

今回の記事を書くにあたって、YouTubeでゴールの動画を検索し、再確認してみました。 やっぱり、どのゴールもあらためて大好きです。 代表の試合を初めてみたのは、1991年のキリンカップだったと思いま …

プロフィール

五島風景
山本 幸一
長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら