everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

サッカー

【リーガエスパニョーラ開幕】注目はビジャレアルの久保建英選手とウエスカの岡崎慎司選手。開幕戦はいきなりの日本人対決。

投稿日:2020年9月11日 更新日:

ビジャレアル

これまでサッカーについては、1994年1998年のワールドカップの記事などを書いてきましたが、今週末、いよいよリーガエスパニョーラが開幕します。今シーズンの私の注目はやはりこの2点

  • 久保建英選手、岡崎慎司選手は活躍できるのか
  • 昨季無冠のバルセロナの巻き返しはなるか

バルサと岡崎選手のプレシーズンマッチはチェックできていないので、今日は、久保建英選手のレバンテ戦を、少し解説してみます。

    この記事の目次

  1. 久保建英選手、岡崎慎司選手は活躍できるのか
  2. 昨季無冠のバルセロナの巻き返しはなるか



1.久保建英選手、岡崎慎司選手は活躍できるのか

開幕戦でいきなり、ビジャレアル対ウエスカの日本人対決となりました。ただし、久保選手の先発出場は少し厳しいように思います。プレシーズンマッチ最終戦のレバンテ戦で久保選手はトップ下で先発出場。60分から左サイドでプレーしました。

トップ下でのプレーはまだまだ、連携がとれておらず、久保選手がなんども指差しでボールを要求していましたが、そのタイミングでボールが入ることは一度もありませんでした。

また、対戦相手もやはり昨季のマジョルカでのプレーを分析しています。久保選手がターンする前に体を当てにきていましたし、ターンしてドリブルを開始しても、数歩目にはホールディングですべてとめられていました。

昨季18ゴールのモレーノがトップ下にいることを考えても、トップ下での先発出場は現時点では厳しいでしょう。また、昨季、久保選手が主戦場にしていた右サイドはチュクエゼが一歩リードしています。この試合でもアルカセルのゴールをアシスト。バレンシア戦ではゴールも決めています。

アルカセルのフリックから抜け出すシーンや、パレホからのロングフィードで裏をとるシーンもあり、現時点では連携や戦術理解の点で久保選手よりも序列では上にいると思います。

とはいえ、今シーズンのビジャレアルはヨーロッパリーグにも出場します。試合数も多くなるため、久保選手にはたくさんのチャンスがあるでしょう。また、レバンテ戦の18分にみせた狭いスペースで相手のきついプレッシャーにあいながらも、ワンタッチパスで打開していくパス回しや、左サイドにまわった65分の久保選手がひいてパスを受け、あけたスペースをペドラサ選手が使うプレーなどをみていると、やはりマジョルカよりもビジャレアルは個人技術や戦術が長けていると感じます。

セビージャでヨーロッパリーグ3連覇、PSG、アーセナルと名門を指揮してきた名将エメリが、久保選手をどのように使っていくのかを含め、今シーズンの久保選手の成長が楽しみです。できたら、はやめにゴールやアシストの目に見える結果を残して欲しい!

もはや日本サッカー界のレジェンドとなりつつある岡崎選手。昨季、自らウエスカをけん引し、チームを昇格に導きました。ミラクルレスターでの優勝と同様、この昇格もかなりのミラクルです。

ずっとやりたかったCFのポジションで思う存分プレーする姿を観たいです。バルサ、レアル相手にドカンとダイビングヘッドを決めて欲しい!

2.昨季無冠のバルセロナの巻き返しはなるか

ここ数年のバルセロナの課題はやはり”世代交代”。メッシ選手、アルバ選手、ブスケツ選手、ピケ選手と長年にわたりチームを引張ってきた選手たちがベテランの域に達しています。

メッシ選手中心の攻撃から、デンベレ選手、ファティ選手あたりの若手へのシフトがうまくできるかがカギになってくるでしょう。うまくかみ合えば、リーグ戦もCLでも上位にくる可能性は十分にあると思います。

-サッカー
-

執筆者:


コメントをもらえるとうれしいです。

関連記事

ワールドカップ

ワールドカップ初戦のジンクスを打ち破った2チーム。イタリア大会のアルゼンチン、アメリカ大会のイタリアチームを紹介。

子供のころの記憶は鮮明です。私は1990年イタリアワールドカップ以降の8大会を観戦してきました。この記事では、1990年イタリア大会のアルゼンチンと1994年アメリカ大会のイタリアチームについて書いて …

オランダ国旗

1998年ワールドカップ準決勝 ブラジル対オランダ。前回大会準々決勝と同カード、オランダのリベンジははたして?

ブログテーマどうしよう?と迷ったので、てんどんでいきます。 今日も大好きなサッカーネタを自分勝手に、好き放題に書いてみます。 今日は私の2番目にお気に入りのカードを紹介します。 1998年フランス大会 …

犬とボール

セリエA 20-21第18節 ボローニャ対ヴェローナ【1-0でボローニャ勝利。冨安選手は18試合連続フル出場】

セリエA 20-21第18節は、ボローニャがホームにヴェローナを迎えました。ここ8試合勝ちから遠ざかっているボローニャで、日本代表冨安選手は4バックの左CBとして今季18試合連続となるスタメン出場を果 …

エルクラシコ

ラ・リーガ20-21第7節はエル・クラシコ(伝統の一戦)バルセロナ対レアル・マドリード。試合結果を解説します。

ラ・リーガは第7節、カンプノウでのエル・クラシコでした。エル・クラシコとは「伝統の一戦」の意で、ラ・リーガでは、バルセロナ対レアル・マドリード戦の一戦を指しています。 試合結果と勝敗を分けたポイント …

サッカー

ラ・リーガ20-21 第3~5節 ビジャレアル久保建英選手出場試合【いずれも途中出場で不十分なプレー時間】

ラ・リーガは第5節を迎えました。 岡崎選手、乾選手、武藤選手は先発出場。 武藤選手は2戦連続の先発で、監督からの信頼が感じられます。 はやめにゴール・アシストの数字での結果で信頼を勝ち取ってほしいと思 …

プロフィール

五島風景
山本 幸一
長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら