everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

建築

【構造設計の仕事内容】業務経験が10年の私が仕事内容、収入、労働時間及び将来性などを具体的に紹介します。

投稿日:2020年8月24日 更新日:

ビル

建設業には多種多様な職種があります。みなさんはそのなかでも「構造設計」という職種があるのをご存じでしょうか?

構造設計は、建物の構造体(柱・梁・壁・床等)が積載荷重、地震荷重、風荷重等に対して安全となるように、その寸法を構造計算により算出し、構造図に反映させる仕事です。

私は、この構造設計の業務に10年間従事していました。
今日は、その経験から構造設計とは具体的にどんな仕事内容なのかを紹介してみます。

    この記事の目次

  1. 構造設計の主な業務内容
  2. 1人前になるにはどのくらいかかる?
  3. 収入は?労働時間は?
  4. 将来性は?
  5. 最後に




1.構造設計の主な業務内容

主な業務内容は、下記の3つです。

  • 構造計算書作成
  • 構造図作成
  • 建築確認申請、構造計算適合性判定の質疑応答

2.1 構造計算書作成

建物規模や形状、場所に応じて、自重や積載荷重、地震や風、雪などの外力に対して、建物の安全性を確保するため、適切な柱・梁・壁・床等の構造体の大きさ等を構造計算をもとに決定していく業務です。

2.2 構造図作成

構造計算によって決定した構造体の大きさで、床伏図、軸組図、部材リスト、詳細図等の図面を作成していく業務です。意匠や設備との調整作業も入ってきます。

2.3 建築確認申請、構造計算適合性判定の質疑応答

構造計算書、構造図を行政や指定確認検査機関に設計図書として提出し、法に適合しているかの審査を受けます。その際の質疑や指摘に対する回答及び設計図書の修正を行う業務です。

2.1人前になるにはどのくらいかかる?

  • 構造図作成    3年
  • 構造計算書作成  5年(構造図作成期間も含む)

建物規模にもよりますが、10階建鉄筋コンクリート造マンションであれば、一人ですべての業務をこなせるようになるのに、3~5年はかかります。

3.収入は?労働時間は?

私の場合、3社にまたがっていますが、年収、労働時間はこんな感じでした。

  • 1 ~ 2年目  350万円  主にアシスタント業務
  • 2 ~ 5年目  400万円  低層建物の構造計算及び構造図作成、質疑応答
  • 6 ~ 7年目  450万円  中層建物の構造計算及び構造図作成、質疑応答
  • 8~10年目  600万円  高層建物の構造計算及び構造図作成、質疑応答
  • 労働時間  月220~250時間程度

4.将来性は?

建築における設計者の割合は、意匠6割、構造3割、設備1割程度です。これからも大きく変動することはないでしょう。ほとんどの建物に構造設計が必要ですので、これからも需要のありつづける仕事です。

また、構造設計はスキルをみがき経験を積めば、ひとりでも仕事をしていくことできます。将来、独立を目指す方にもオススメです。

5.最後に

私は構造設計の他にも、住宅メーカーで木造注文住宅の設計施工、地場ゼネコンでRC造施工管理、サブコンで防音内装工事の設計施工を経験してきました。

それぞれの仕事内容についても、またの機会に紹介していきたいと思います。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

-建築
-

執筆者:


コメントをもらえるとうれしいです。

関連記事

建設現場

【建設業と転職について思うこと+ちょこっと収入の話】建設業歴19年になった私が転職の経験と収入の話をしてみます。

私は建設業界で働き始めてから19年目になりました。その間、5回の転職をし、6社に勤めてきました。職種も設計事務所、住宅メーカー、ゼネコン、サブコンとさまざまです。 私が、これまでの経験から今の建設業に …

職人

建設業における【監理技術者】は5年に1度の講習受講が必要。この記事では受講資格、有効期限及び費用等を紹介します。

今回の記事では、建設業における監理技術者を紹介します。監理技術者とは?資格要件は?資格の有効期限は?講習の受講費用は?などの疑問点を中心に解説していきます。また、更新手続きについては別の記事で紹介して …

メモ

建築士に対する定期講習受講義務。原則3年以内ごとに登録講習機関が行う定期講習の受講が義務付けられています。

今回の記事では、建築士の定期講習について紹介します。 定期講習の受講対象者、受講期間、受講費用は下記です。 受講対象者: 建築士事務所に所属する一級建築士、二級建築士および木造建築士 受講期間: 原則 …

スモッグ

省エネ適合性判定講習を受講しました。法律に基づき建物が各種の省エネ基準に適合しているかを確認するのが仕事です。

これまでの記事で、建築士定期講習、管理建築士講習、監理技術者講習等を紹介してきました。今回は、省エネ適合性判定の講習会を受講してきたので内容を詳しく解説していきます。とはいっても、省エネ適合性判定って …

家の絵

【第1回 大好きな建築 前川國男「自邸」】機能美を追求した狭小住宅のお手本。シンプルイズベストを体現している作品です。

私は、就職してから19年間、建築の仕事をしてきました。これまで仕事観や転職など2つ、建設業の記事を書いてきましたが、どちらもネガティブな内容でした(笑)。すみません。 仕事を離れて作品としてみる建築に …

プロフィール

五島風景
山本 幸一
長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら