everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

関心

FNSドキュメンタリー大賞「8人のサッカー部」。長崎県五島列島の宇久高校を紹介した”感謝の大切さ”を伝える作品です。

投稿日:2020年9月27日 更新日:

海

ブログを始めて6週間になりました。
これまでに大好きなサッカーの記事を、海外サッカーに挑戦する日本人選手出場試合の解説を中心にいくつか書いてきました。

私は試合だけでなく、選手の書いた書籍を読んだり、スポーツ雑誌を読んだり、テレビでチームや選手の特集番組を観たりするのも好きなのですが、昨夜、すごくいいドキュメンタリー番組に出会いました。番組名は、

  • 「8人のサッカー部」

タイトルを見て、離島や過疎地の学校のサッカー部だろうと想像はしましたが、私の故郷である長崎県五島列島の宇久高校サッカー部を特集したドキュメンタリーでした。

番組をみて、あらためてサッカーっていいなぁ、故郷っていいなぁと再認識しました。
少し、番組の内容、いや、宇久高校サッカー部を紹介してみます。

    この記事の目次

  1. FNSドキュメンタリー大賞「8人のサッカー部」
  2. 目標は1点を取ること
  3. 最後に



1.FNSドキュメンタリー大賞「8人のサッカー部」

宇久高校のある宇久島は、五島列島の最北端にあり、現在の人口は約2,000人。
宇久高校の当時の全校生徒は27名、そのうち、サッカー部員が8名です。
サッカー部員は2人が3年生、6人が2年生。
みんな、小学校から一緒にサッカーをやってきた幼なじみです。

2.目標は1点を取ること

私は福江島で育ちました。当時のサッカー部員はも30~40人で、試合も当然11人。
目指すは県ベスト8。普通のチームであれば、至って当たり前の目標だったと思います。
ただ、8人のサッカー部の目標は、

  • 1点を取ること

みなさんは、この目標をどう思いますか?
普段の仕事で、きちんと自分の足元をみて、目標を立てられていますか?

高校総体の1回戦、8人は前半を0-6で折り返します。
前半にケガをした2年生(試合後に骨折とわかる大ケガでした)は、泣きながら、3年生のためにもやりたいと直訴し、プレーを続けます。

みなさんは、今の仕事で誰かのために?と思ってがんばることってありますか?

私は、ほぼありません。

だから、8人が1点取った時に、涙がでたのだろうと思います。
試合に勝つことではなく、1点を取ることを目標にした彼らだから、相手に何点奪われても諦めずに努力し続けることができます。
その結果、11人の相手からでも得点を奪うことができたのです。

3.最後に

試合前にインタビューを受けていた3年生は、試合で親や応援してくれる人たちに感謝を伝えたいと語っていました。
私も中学、高校と同じような思いで試合に行っていたなぁと懐かしくみていました。

仕事をしていくと、この感謝の思いってなくなってしまうのでしょうか?(笑)
8人を見習い、感謝の思いを持てるチーム作りを目指して、1日1日を努力しよう。
あらためて、当たり前のことを考え直す時間をくれた8人に感謝です。

ありがとう。



-関心
-

執筆者:


コメントをもらえるとうれしいです。

関連記事

歌う女の子

第1回 名曲ベストナイン LINDBERG(リンドバーグ)編。前向きで温かい歌詞が気分を楽にしてくれるバンドです。

前回の記事「気分が乗らない朝の通勤電車でオススメの歌 60曲」を投稿した後、同郷の友人であるKJ君から、「それは俺が考案した歌ネタだ」とのクレームが入りました。(笑) それでも、いつか僕の歌ネタとなる …

歌う少年

第4回 名曲ベストナイン WANIMA編。静と動の使い分けと絶妙なコーラス、メッセージ性が強い歌詞に元気がもらえます。

好きなアーティストの名曲を勝手に野球のベストナイン風に紹介するシリーズの第4回。 (第1回、第2回、第3回の記事はコチラ) 今回はWANIMAさんです。みなさん、WANIMAの曲を聴いて元気をもらいま …

ピラミッド

【蒼井碧著:建築史探偵の事件簿】日本の世界遺産と世界七不思議のつながりをひも解いていく建築ミステリーを紹介します。

ここのところ、「鉄の骨」、「ノースライト」と建築に関係する書籍やドラマの記事を2つ投稿しました。今回もその流れで、「建築史探偵の事件簿」(蒼井碧著)を紹介します。以下の3つのテーマが好きな方は、どハマ …

光

登場人物それぞれの【葛藤】をリアルに表現したサスペンスドラマ。横山秀夫原作【ノースライト】を紹介します。

たまたまですが、前回紹介した「鉄の骨」の記事に続いて、今回も建築に関連した作品の記事になりました。今回紹介するのは、横山秀夫さん原作のサスペンスドラマ「ノースライト」。 みなさんも普段の生活でいろいろ …

文章

文章の書き方って難しいですよね。今回は以前の記事を見直しながら、どんな文章が読みやすいのかを再考してみました。

同郷の友人であるKJ君から、文章が三流だから、下記のサイトを読んで勉強するようにとのご指摘を受けました。(笑) Ryoさんのサイト:「という」と「こと」を減らすだけで、文章はぐっと読みやすくなる ht …

プロフィール

五島風景
山本 幸一
長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら