everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

建築

【第3回 大好きな建築 鉄川与助「頭ヶ島天主堂」】日本では珍しい石造りの教会。環境との調和がとても美しい作品です。

投稿日:2020年9月12日 更新日:

五島地図

みなさんは、鉄川与助という建築家を知っていますか?

私は、鉄川さんと同じ長崎県五島列島で育ち、同じ建築士をしています。しかし、恥ずかしながら鉄川さんのことは「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されるまで知りませんでした。

去年ようやく、「頭ヶ島天主堂」を含め、上五島町の教会群を巡ることができました。今日は、鉄川さんの天主堂、教会を紹介してみます。このシリーズ第3回にして、ようやく写真(自分で撮った)を掲載できます。(第2回の記事はコチラ)

この建築の特徴は、この2点です。

  • 周辺敷地環境との絶妙な調和
  • 地元の五島石(砂岩)を積み上げた重厚な石造

以下に、「頭ヶ島天主堂」を少し詳しく紹介していきます。

    この記事の目次

  1. 第3回 大好きな建築 鉄川与助「頭ヶ島天主堂」
  2. 周辺敷地環境との絶妙な調和
  3. 地元の五島石(砂岩)を積み上げた重厚な石造
  4. その他の鉄川さんの教会を紹介
  5. 最後に




1.第3回 大好きな建築 鉄川与助「頭ヶ島天主堂」

教会

建築物概要
設計・施工 鉄川与助
竣工 1919年(大正8年)
建設地 長崎県南松浦郡新上五島町友住郷頭ヶ島638
構造 組積造(石造)平屋建て
延床面積 363㎡
用途 天主堂(国指定重要文化財)

この建築物の特徴

冒頭でも書きましたが、この建築の特徴は、以下の2つ。

  • 周辺敷地環境との絶妙な調和
  • 地元の五島石(砂岩)を積み上げた重厚な石造

2.周辺敷地環境との絶妙な調和

私が頭ヶ島を訪れた日は見事な晴天。バスを降りると、目の前は白い砂浜と青い海。そこから、登り坂を2、3分歩くと天主堂に着きます。正面石階段下から見上げる天主堂は、バックに鮮やかな緑の森林と青い空、白い雲を従え、小さいながらも重厚感にあふれ、堂々とした姿で建っています。

これぞまさに絶景です。

周辺の敷地環境を含め、重要文化財に指定されていることも納得です。時を重ねてきた石の風化による建物全体の質感が、より周辺の森林に溶け込んでいて、一体感を演出しています。おそらく、この一体感は四季それぞれで違ったものになるでしょう。

今回は、夏でしたが、次回はぜひ秋の姿がみてみたいです。

3.地元の五島石(砂岩)を積み上げた重厚な石造

教会

この小さな建物が醸し出す圧倒的な重厚感。建物周囲をぐるぐる回りながら、原因を探りました。「目地」です。幅広で深い目地がこの重厚感を演出しています。昔から地震の多い日本では、耐震性に劣る石造りはあまり用いられません。みなさん、海外に行き、異文化を感じる一つの要因に石造りがありますよね?私も学生時代に行ったベネチア、フィレンツェでの石造りの衝撃が忘れられません。

この頭ヶ島天主堂、大げさではなく、その異文化感を感じさせてくれます。室内に入ると、その重厚感とはまったくの正反対。シンプルで軽快な空間です。ヴォールト天井で空間を広くみせ、縦長窓で自然採光を室内の奥まで取り込んでいます。外部と内部の対比もこの建物の特徴のひとつです。

4.その他の鉄川さんの教会を紹介

冷水教会
竣工 1907年(明治40年)
鉄川さんが最初に建てた教会です。

教会

青砂ヶ浦天主堂(国指定重要文化財)
竣工 1910年(明治43年)
鮮やかな赤レンガのファザードに圧倒されます。

教会

大曽天主堂(県指定有形文化財)
竣工 1916年(大正5年)
正面の塔が象徴的です。

教会

五島うどん
おいしいです。ぜひ

五島うどん

5.最後に

今回の記事では、「頭ヶ島天主堂」を紹介しました。私の故郷ではありますが、秘境に近いかもしれません(笑)。ただ、夏に海やおいしいものを食べながら、この教会を含めた世界遺産群を巡るのは、とてもオススメですよ。

みなさん、ぜひ検討してみて下さいね。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

-建築
-

執筆者:


コメントをもらえるとうれしいです。

関連記事

木造住宅

建設業における【木造住宅施工管理】の仕事内容、給料、勤務時間などを紹介します。激務ですが大きな達成感が得られます。

前回の記事では、RC躯体・TV局内装工事の施工管理の仕事内容、給料及び勤務時間などについて紹介しました。 今回は、木造住宅の施工管理について、2年3カ月間に木造新築住宅24棟の引渡しと延べ150件の定 …

窓

【第2回 大好きな建築 坂倉準三「旧神奈川県立近代美術館」】池から延びる?鉄骨柱と正面階段が印象的な作品です。

Processed with VSCOcam with c1 preset 建築を仕事にしていることもあり、美術館、博物館巡りは私の趣味のひとつです。これまでに全国70ヶ所程度を巡っています。私の大好 …

建設現場

【一級建築施工管理技士試験】3回受験した私が学科・実地試験の難易度、合格に必要な学習時間、費用を解説します。

先日、建築士試験の難易度について書きました。 今回は、一級建築施工管理技士試験バージョンです。 主に以下の2点について話します。 合格にはどれくらいの学習時間が必要か 合格にはどれくらいの費用が必要か …

ビル

【建設業と仕事観】19年間で構造設計・施工管理・内装設計の業務を経験してきた私が今思うことを書いてみました。

先日の記事で建設業19年生であると書きました。 建設業のなかでも、構造設計、内装設計、施工管理といろいろな職種を経験してきましたが、絶対にこれが一番だというものには未だに出会っていません。おそらくこれ …

職人

建設業における【監理技術者】は5年に1度の講習受講が必要。この記事では受講資格、有効期限及び費用等を紹介します。

今回の記事では、建設業における監理技術者を紹介します。監理技術者とは?資格要件は?資格の有効期限は?講習の受講費用は?などの疑問点を中心に解説していきます。また、更新手続きについては別の記事で紹介して …

プロフィール

五島風景
山本 幸一
長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら