everlemoned

サッカーと建築と日々の関心事を思いのままにつづるブログ

サッカー

ワールドカップで優勝するにはサイドバックの活躍が欠かせない。イタリア大会以降の優勝国とサイドバックの関係性を解説します。

投稿日:2020年8月28日 更新日:

サッカースタジアム

1990年イタリア大会から8大会を観戦し、中3~高3の部活と大学サークルでサッカーをやってきた私が、今日は優勝国とサイドバックについて語ります。

以前、サッカー漫画のアオアシを紹介しましたが、主人公のアオイアシトはサイドバック。
現在の最強クラブの一つである南野選手所属のリバプールでは、右サイドバックのアレクサンダーアーノルドから左サイドバックのロバートソンへサイドチェンジ、さらにそのクロスをアレクサンダーアーノルドが決めてしまうという我々世代では考えられないプレーがサイドバックから生まれています。

今やサイドバックが高いポジションを保つのはサッカーのトレンド。
もちろん私もサイドバック経験済。だだ、ここ5年くらいボールを蹴ってません。
そんな私が、今日も浅く解説していきます。

    この記事の目次

  1. ワールドカップで優勝するにはサイドバックの活躍が欠かせない
  2. サイドバックでコンプリートしてる選手はいないんだぜ
  3. 最後に

「リベルタサッカースクール」の無料体験会へ参加

1.ワールドカップで優勝するにはサイドバックの活躍が欠かせない

ここ8大会の優勝国とサイドバック
1990年 西ドイツ ブレーメ
1994年 ブラジル ブランコ(ひいき目)
1998年 フランス テュラム
2002年 ブラジル カフー、ロベカル
2006年 イタリア ザンブロッタ、グロッソ
2010年 スペイン セルヒオラモス
2014年 ドイツ  ラーム
2018年 フランス パバール

一目瞭然ですね。ブレーメはベスト16オランダ戦で貴重な2点目を、ブランコは準々決勝オランダ戦で弾丸フリーキックを、テュラムは準決勝2ゴール、ザンブロッタはウクライナ戦・グロッソはドイツ戦でそれぞれ貴重な先制ゴールを、パバールのベスト16アルゼンチン戦でのスーバーミドルは記憶に新しいところでしょう。

そうです。サイドバックが点を取るとチームが波に乗るんです。
私は乗せたことがありませんが。

2.サイドバックでコンプリートしてる選手はいないんだぜ

ドイツ国旗

アオアシの栗林がアシトに言った言葉です。

ただ、ラームはコンプリートしているんじゃないかなって個人的には思っています。
2010・14ドイツ代表キャプテンで、2010年開幕コスタリカ戦で豪快ミドルを決めています。
ラームは小柄ですがフィジカルが強く、両サイドバックだけでなく、ペップの下では3バックの右やボランチも務めています。

ゴリゴリに上下動だけを繰り返すタイプのサイドバックとは違い、中に切れ込むドリブルやワンツー、前線の選手に入れる正確な楔、守備ではチャレカバ、コーチング。試合の組み立てに絡んで、なおかつ、試合を決められる選手でコンプリートしているといってもいいんではないでしょうか。

今回のチャンピオンズリーグ決勝では、ラームの後継者との呼び声高いキミッヒがコマンの決勝ゴールをアシストしています。軽く浮かせるようなクロス、ラームっぽいですね。今後のキミッヒにも注目です。

もう一人、正確な右足でフリーキッカーも務めるアトレティコのイングランド代表トリッピアにも注目です。

3.最後に

まだまだ、世界のサイドバックには面白い選手がたくさんいます。しかし、最近の日本は…。長きにわたって、内田選手、長友選手、酒井選手がつとめてきましたが、そろそろ若くて活きがいいサイドバック、台頭してきて欲しいです。

2022年カタールワールドカップで日本が初のベスト8に進むためには、サイドバックの活躍が欠かせません。



-サッカー
-

執筆者:


コメントをもらえるとうれしいです。

関連記事

アンフィールド

リバプールの南野選手がプレシーズンマッチで1G1A。まだまだ本調子ではないチームで気を吐き、4得点に絡む活躍。

先日のFAコミュニティーシールドのアーセナル戦で公式戦初ゴールをあげたリバプールの南野選手が3部ブラックプールとのプレシーズンマッチに先発フル出場。 試合は7-3でリバプールが勝利。南野選手は1G1A …

漫画

【キャプテン翼からアオアシ】サッカー漫画の王道が変わる? 主人公がエースで10番の翼から、サイドバックのアシトに。

サッカー漫画の主人公と言えば、翼に代表されるようにエースで10番が王道。 しかし、時代は変わった?(笑) ついに、主人公にサイドバックをもってくる作品が現れた! その作品は小林有吾さん作、 アオアシ …

ワールドカップ

ワールドカップ初戦のジンクスを打ち破った2チーム。イタリア大会のアルゼンチン、アメリカ大会のイタリアチームを紹介。

子供のころの記憶は鮮明です。私は1990年イタリアワールドカップ以降の8大会を観戦してきました。この記事では、1990年イタリア大会のアルゼンチンと1994年アメリカ大会のイタリアチームについて書いて …

子供とボール

ラ・リーガ20-21第9節 ヘタフェ対ビジャレアル【久保選手は86分から出場。試合結果はビジャレアルが3-1で勝利】

ラ・リーガは第9節、ビジャレアルはアウェーでヘタフェと対戦しました。 モレーノ選手、パレホ選手がチームに戻ってきて、ほぼベストメンバーとなったビジャレアル、強いです。試合、面白いです。 試合結果:ヘタ …

サッカー

ラ・リーガ20-21第2節 ビジャレアル対エイバル【第1節に続いて日本人対決。試合結果は2-1でビジャレアル勝利】

リーガエスパニョーラは第1節に続き、第2節もビジャレアル対エイバルの日本人対決。 今節からエイバルにはニューキャッスルからレンタル移籍で武藤選手が加入しました。 武藤選手の今後の活躍、逆襲にも期待大で …

プロフィール

五島風景
山本 幸一
長崎県五島列島育ちの建築士です。43歳になり、日々がマンネリ化してくるなか、何か新しい行動を起こしたいと思い、ブログを始めました。少しずつ勉強し、サッカー・建築・関心事等をアウトプットしていきたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちら